家

SDカード付きの防犯カメラを使用すれば手軽に設置できる

  1. ホーム
  2. スマホで防犯する場合

スマホで防犯する場合

携帯

置き忘れしない

スマホで防犯対策をするにはGPS機能が便利です。常に位置を知ることができるため、防犯したいときにとても役立ちます。子供が自宅に帰ってくるまでの安全や身の危険を感じたときの通報などに大いに役立ちます。スマホのGPSは便利ですが、常に身に付けておかないといけないという特徴があります。自分の位置を知らせるためなので、離れた場所に置いておくと防犯としての意味をなさなくなります。スマホを自分とは遠い場所に置いてしまうことことが多い理由の一つに、置き忘れがあります。忘れものとして交番に届けられる数が多く、大勢の人がスマホをどこかに置き忘れてしまっているのです。置き忘れを防ぎ、常にスマホを所持しておくと防犯対策としてとても効果的だといえるのです。

不要なアプリは入れない

スマホのGPS機能は防犯対策として優秀です。誰でも簡単に防犯対策をすることができるため、GPS機能をオンにしている方も少なくありません。ただし、GPS機能には危険な側面もあります。それは、自分だけでなく他の人も位置を知ることができるということです。基本的にGPS機能は、許可された人以外では確認することはできません。しかし、無関係の第三者で見る方法が存在しているため、取り扱いには注意する必要があります。ウイルスによりGPSの位置情報が筒抜けになってしまう可能性があるのです。ウイルスに感染してしまうと、許可していないにもかかわらず位置情報が知られてしまうので、付きまといやストーカー被害に遭うかもしれません。ウイルスに感染しないためにも不要なアプリを入れることは避けましょう。